まとめ
  • 愛犬との水遊びは、リードを付けたままゆっくりスタート
  • 施設のルールを事前に確認しておこう
  • 遊んだ後に体を洗うため、真水やタオルを持参するのがベター

今年もすっかり春の気候になってきましたね。既にゴールデンウィークの予定を決め始めている人も多いのではないでしょうか。気温も上がってくるゴールデンウィークには、愛犬と水遊びをするのも楽しそうですよね!

今回は、犬と水遊びするときの注意点や、愛犬と行きたいおすすめの水遊びスポットなどを紹介します。ゴールデンウィークでは、年によっては夏日のような気候になることもあります。

熱中症のリスクを下げるためにも、愛犬と涼める水遊びスポットに素敵な思い出をつくりにいきましょう!

水遊びでストレス発散!犬とのコミュニケーションも

犬の水遊びは熱中症予防になるだけではなく、飼主とのコミュニケーションにも役立ちます。また水に対してポジティブなイメージも生まれるため、お風呂に入れる際の手間が軽減される可能性もあるでしょう。

何より、愛犬にとって普段とは違う環境での遊びは気分転換になります。特に最近お散歩コースがマンネリになっている人や、愛犬との旅行や遠出がご無沙汰な人は、ぜひ暑くなり始めるゴールデンウィークの水遊びで愛犬の心もリフレッシュさせてあげましょう。

犬の水遊びの注意点

ここでは、犬を水遊びさせる際の注意点やポイントを紹介します。

水遊びでは楽しい時間を過ごせますが、遊び方を誤るとトラウマを与えたり、周囲へ迷惑をかけてしまったりすることもあります。

施設のルールやマナーを守って、安全で楽しい水遊びの時間を過ごしてくださいね。

嫌がる場合は無理をさせない

人間と同様に、犬もすべての子が水遊びを好むわけではありません。中には水自体に不安や恐怖を抱いていたり、過去の経験からトラウマを感じていたりする子もいるでしょう。愛犬が嫌がる場合は無理をさせずに、普段通りの遊びに切り替えましょう。

犬が何かを怖がっているときは尻尾を丸めて体を低くしたり、プルプルと震えたりします。無理に遊ばせようとすると飼主との信頼関係に亀裂が入ってしまう可能性もあるため、愛犬のペースに合わせてあげてくださいね。

最初はリードをつけてゆっくりと

愛犬を水遊びさせる際は、最初はリードをつけてゆっくりと濡らしてあげましょう。犬によっては前脚や鼻をつけただけでビックリしてしまう子もいます。急に走り出して水位が深い場所に行ってしまわぬよう、注意深くリードを握っていてあげてください。

また犬も人間と同様に、長時間水の中にいると体温が下がって体調を崩してしまう可能性があります。特に低体温症は命にかかわるケースもある症状です。愛犬の違和感に気づいたらすぐに引き上げ、状態を観察してあげましょう。

マナーを守り、周囲の人への配慮を忘れずに

犬をつれて水遊びをしてもよい施設には、ドッグラン施設と同様に犬用のルールが設けられている場合があります。定められたルールやマナーを守り、周囲への人に配慮をしながら遊ぶよう心がけましょう。

一般的な水遊び施設では、ワクチン未接種はもちろんヒート中や傷口がある犬の利用を禁止しています。また事前にトイレは済ませてから施設を利用するのも大切なマナーです。事前にブラッシングをした上で、水場の中での抜け毛を最小限にしておきましょう。

夕やけ小やけふれあいの里【八王子市上恩方町】

「夕やけ小やけふれあいの里」は都心から1時間とは思えないほど美しい自然に囲まれており、猛暑日でも涼しさを感じる快適な水遊びスポットです。

子どもも一緒に遊べる施設や体験アクティビティもあるため、特にファミリーにおすすめです。バーベキュー場やお食事施設も備えられているため、アウトドアレジャーとして愛犬とぜひ訪問してみてください。

所在地 東京都八王子市上恩方町2030
アクセス
  • 京王高尾駅・JR「高尾駅」北口から、西東京バス陣馬高原下行きで約30分「夕焼小焼」下車
  • 圏央道八王子西ICから川原宿交差点を経て、陣馬街道を約10分
料金
  • 大人:200円
  • 65歳以上:100円
  • 中学生以下:100円(土曜日は無料)
  • 4歳未満:無料
営業時間
  • 3月~10月:9:00~16:30
  • 11月~2月:9:00~16:00

以下の日は、9:00~16:00まで

  • 4月29日~5月5日
  • 7月・8月の土曜、日曜及び祝日
  • 8月13日~8月15日
入れる犬の大きさ 指定なし
駐車場情報 200台

野川公園【調布市野水】

「野川公園」は豊かな緑と水場が楽しめる公園で、水遊びに飽きてしまっても遊べるエリアが多いことが魅力の施設です。特に芝生エリアは、平地からアップダウンまで幅広い地形を楽しめます。水遊び場は時間によっては子どもが多い場合もあるため、夕方以降の時間帯をおすすめします。

また周辺には神代植物公園・武蔵野公園・浅間山公園・武蔵野の森公園など多くの公園があるため、付近のスポットを回って愛犬が喜ぶ場所を見つけるのも楽しそうですね。

所在地 調布市野水1・2丁目、小金井市東町1丁目、三鷹市大沢2・3・6丁目
アクセス 西武多摩川線「新小金井駅」または「多磨駅」から徒歩約15分
料金 無料
営業時間 終日解放
入れる犬の大きさ 要確認
駐車場情報 233台

小谷流の里ドギーズアイランド【八街市小谷流】

※画像はイメージです。

「小谷流の里ドギーズアイランド」は愛犬と一緒に楽しむための複合型リゾート施設です。複数のドッグランの他に愛犬と一緒に浸かれる水遊びエリアがあります。

ウォーターミストが設置されており日陰エリアも多いため、日差しが強い夏日でも安心感の高いレジャーを楽しめるでしょう。

所在地 千葉県八街市小谷流624
アクセス
  • JR「八街駅」からタクシーで約15分
  • 東関道佐倉ICより12km
料金
  • 大人 平日:1,000円/土日祝:1,200円
  • 子ども 平日:500円/土日祝:600円
  • 小型犬 平日:800円/土日祝:1,100円
  • 中型犬 平日:1,000円/土日祝:1,300円
  • 大型犬 平日:1,200円/土日祝:1,500円
  • 小型犬(2頭目以降1頭につき)平日:600円/土日祝:800円
  • 中型犬(2頭目以降1頭につき)平日:800円/土日祝:1,000円
  • 大型犬(2頭目以降1頭につき)平日:1,000円/土日祝:1,200円
営業時間 9:00〜21:00
入れる犬の大きさ 指定なし(ドッグランと水遊び施設は、小・中・大型犬それぞれに指定されたエリアか、全犬種エリアを利用すること)
駐車場情報 300台

わんダフルネイチャーヴィレッジ【あきる野市上代継】

※画像はイメージです。

「わんダフルネイチャーヴィレッジ」は、愛犬と一緒にアウトドアを満喫できる施設です。プールで有名な東京サマーランドが運営しており、まるで人間用施設のように充実したドッグプールが設置されています。

犬用のライフジャケットの無料レンタルもあるため、水遊びが初めての子でも安心して遊べるでしょう。プール以外にもカヤックやカヌーなどのウォーターアクティビティが設置されており、犬も人間も存分にレジャーを楽しめます。

所在地 東京都あきる野市上代継600
アクセス 京王線・JR「八王子駅」からバスで約35分
料金
  • 大人:850円
  • 子ども:無料(時期によって変動)
  • 犬:850円(二頭目以降450円)

ドッグプール

  • 平日:2,500円/日
  • 土日祝:2,500円/1回(90分)

1回目:10:00~11:30

2回目:11:40~13:10

3回目:13:20~14:50

4回目:15:00~16:30

営業時間 10:00~17:00(時期によって変動)
入れる犬の大きさ 指定なし
駐車場情報 1,500台

観音崎公園【横須賀市鴨居】

「観音崎公園」は、三浦半島の透き通るような美しい海を愛犬と一緒に楽しめる自然スポットです。浜辺エリアが潮溜まりのようになっているため、水位が深い場所が苦手な子でも安心して遊べます。

青い空や海を横目で眺めながら歩く遊歩道もおすすめです。海水を浴びた後の体を流すために、あらかじめ真水を入れたボトルを準備しておきましょう。

所在地 神奈川県横須賀市鴨居4-1262
アクセス
  • JR「横須賀駅」から観音崎行バスで35分、終点下車
  • 横浜横須賀道路 馬堀海岸インターチェンジから約5分
料金 なし
営業時間 終日解放
入れる犬の大きさ 指定なし
駐車場情報 279台

GWは愛犬と水遊び!キラキラの思い出をつくりに行こう

今回は、愛犬と水遊びをする際の注意点やおすすめの水遊びスポットを紹介しました。

川や海のような自然スポットに行くときは、犬を同伴させても構わないかを確認しておきましょう。ペット用施設とは違い犬向けの設備はないため、洗い流すための真水やトイレシート、タオルなども忘れずに持参してください。

愛犬と一緒の水遊びは、暖かい季節ならではの素敵なひと時です。安全を守って、楽しい水遊びの思い出をつくりましょう!

 

ワンちゃんと一緒にサーフィンやSUPはいかが?

【あわせて読む】

がんばる姿を応援したくなる「サーフィンドッグ」って?人気のドッグスクール『Perrito』に注目!